旧ブログコンテンツ

ドロップシッピングは絶対登録推奨

【週末起業】ドロップシッピングはどうなの?

[aside type=”normal”]初回投稿日:2015/08/07 最終更新日:2016/04/05[/aside]

[aside type=”warning”]以下、2016/04/05投稿内容[/aside]

もしもドロップシッピング&アフィリエイトは登録必須

以前の投稿の際には、印象だけで色々と述べているのですが、アフィリエイトについて細かく調べるようになってから実際問題として、少なくとも週末起業の初期段階においては、登録必須という判断に変わりました。

幾つかの理由があるのですが、万人に通ずる理由は一つ、それ以外の理由は人それぞれの部分も多いと思いますが以下のようなものになります。

  1. カエレバ等を利用したアフィリエイトの最低支払金額
  2. 小資本時から物販のような経験を疑似体験できる
  3. WEBもアフィリもようわからんという人にはリスク少な目に練習&勉強できる
  4. 最悪やめちゃっても別の形でお得な生活の道筋が見えるかも

ではそれぞれについてもう少ししっかりと説明してみます。

最低払い出し可能金額が低い

とりあえず手軽にできるアフィリエイト関連は、一つ売れればその報酬分が支払われるようなものではなくて、支払いが可能になる金額があらかじめ設定されていて、その金額に達するまでは報酬は払い出しができません。

もしもアフィリエイトは、最低払い出し金額が1000円からとなっています。例えばアマゾンアフィリエイトは最低払い出し金額が5000円ですし、その他の多くのASPも払い出し可能金額が5000円からになっています。

ガンガン稼いでいるアフィリエイターであれば全く気にする必要のない金額ですが、僕も含めた始めたばかりの人にとっては5000円まで到達するのはなかなか長い道のりだったりして、それまでにやる気がなくなるみたいなことも十二分にあるでしょう。

そう考えると、駆け出しの頃に、どれだけ最短距離で第一回目の支払いをゲットできるか?という問題は、その先々も含めて大きな影響があるとも言えます。

またカエレバを使ってアマゾンアソシエイトや楽天アフィリエイトを利用する場合は、もしもアフィエイトにも登録して、もしもアフィリエイト内でアマゾンアソシエイトと楽天アフィリエイトとの提携を行うことによって、アマゾンや楽天での商品購入に貢献できたアフィリエイトリンクがもしもアフィリエイトとしてカウントされる=最低払い出し金額1000円が適応されることになり、これはとてもありがたいことです。

ECサイトを疑似体験

ドロップシッピングの仕組みなどは、もしもドロップシッピングのサイトで確認をしてもらえればと思いますが、簡単にいうと、販売の代行を自分のサイトで行い、商品は販売主から購買者へ直接送られるという仕組みになってます。

自分で実際に在庫を持つことなくECサイトを疑似体験することができるのは、その先々にECサイトを運営してみたいという希望を持っている場合などには、とても良い経験になりますし、サイト制作などに至っては実際のECサイトと変わらない形で作ります。

商品の仕入れや販売がないだけ、やりやすい形になるでしょう。もっと大量の商品などを扱い、本格的なECサイトを展開したり、あるいはより多くの何千、何万という商品をもしもドロップシッピングを通じて扱えるようにしたい場合などには、去年始まったばかりのサービスですが、トップセラーの活用も検討してもよいかもしれません。

リスク少なく練習&勉強

勢い良い週末起業を始めたものの、今ひとつうまくいかなかったり、結局何をすれば良いかもわからない場合。

あるいはちょっとやってみたけど、よくわからないし本を読んでやってみてもなんかしっくりこないから誰かに教えてもらいたいなどの希望がある場合には、通信講座を行いながら実際にもしもアフィリエイトなどにチャレンジできる、その名も「アフィリエイトチャレンジ」。

自分自身ではなかなか軌道にのせるのは苦手だけど、何かしらのルールや宿題やミッションが与えられたらその通りに進んでいける人にはこちらもお勧めでしょう。

キャッシュバックの利用を検討

週末起業で特に何も知識も経験もなく、初期段階においてもしもアフィリエイトやもしもドロップシッピングとの相性も良くないと思った場合、あるいはその仕組みも含めてあまり相性が良くないからアフィリエイトそのものに対して懐疑的になってしまう感じの方は、アフィリエイトには向いていない可能性があるため、別の形の週末起業などを検討しても良いかもしれません。

他方、上記リンクのようなキャッシュバックを私生活の購買に活用するようになると、もちろん同じ商品や類似商品を価格コムやアマゾンなど価格比較した上での購入する前提ですが、より支出を抑えた生活ができるはずです。

もしもドロップシッピングは、このような形で色々と活用できます。情報商材や通常のアフィリエイトでガチンコ勝負をするのもアリかもしれませんが、週末起業という形でアフィリエイトを行う制約やメリットを十二分に理解した上で、よりローリスクでのチャレンジを行えるようにしたいものです。

[aside type=”warning”]以下、2015/08/07投稿内容[/aside]

ドロップシッピングの印象

一時期、といってもだいぶ昔の頃によく話を聞いたような気がするのですが、話を聞くことがほとんどなくなっていた印象ですね。

今となっては、ネットで情報を探しても最新に近い情報を載せいているサイトが2015年の初めの頃の日付ですので、あまり携わっている人が少ないのでしょうか…?この辺りはよくわかりませんね。

一時期は、もう似たようなLP(ランディングページ)がネット上のいたるところにみられ、挙句に売っている商品もほとんど一緒という形になっていたような気もします。

話が脱線してしまいますが、ネットサービスを展開している会社からのウェブマーケティングの提案が、揃いも揃って「LP作りましょう!」って時もあったような気がするのですが…そこに関連性はあるんでしょうか?よくわかりませんね。

仕組み

ドロップシッピングなんて聞いたことがないという人も多いと思いますが、一体どんな仕事なのでしょうか。

簡単に説明すると在庫を持たなくても商品をネット上で販売することができるシステムのことを指しているようです。

A:アフィリエイトなどと同じようにネットで販売をする人
B:商品購入者
C:商品をもっている会社/メーカー/卸問屋

僕がAとして商品をネット上で販売して、Bさんがネットでその商品を探して購入をしたら、購入者の発送先住所等を獲得してCに知らせ、Cが直接Bに商品を発送する、というような流れです。

稼ぎは【A→B】の販売価格と【C→A】の卸価格の差額ということになりますね。

Aのメリットは、簡単に物販が行えること。商品販売の仕入れに伴う在庫リスクの軽減
Cのメリットは、自社販売のみの場合に必要になる広告費の削減や、販売チャンネルの拡大

とかでしょうか。

個人的な印象

色々とメリットが多いように感じるドロップシッピングですが、なぜか僕の印象はあまり良いものではありません。

現在も、もしもドロップシッピングなどのサイトをみても、以前と比べて素材その他がだいぶ洗練された感じを受けるので、実は今やることは特に否定されるわけではなく、その他のアフィリエイト等と参入障壁の低さや、利益を上げることの難しさ、もっと言えば継続の難しさというのは大差がないのかもしれませんね。

僕自身が割ける時間は有限ではあるので、どの形で取り組んでいくかは、それぞれをしっかりと検討してから決定したいと思いました。